Revision Hypnotherapy リビジョン ヒプノセラピー

Revision Hypno Therapy / リビジョン ヒプノセラピー

セラピスト 永井 アサミ / Therapist Asami Nagai

 

【関連資格】

NGH米国催眠士協会認定ヒプノセラピスト/ National Guild of Hypnotists

ABH米国催眠協会認定マスターヒプノティスト/ American Board Hypnotherapy

米国NLP協会認定プラクティショナー資格/ American Board of NLP

タイムラインセラピーRプラクティショナー資格/ Time Line Therapy

米国NLP協会認定NLPコーチ資格/ The American Board of NLP Coach

 

1980年9月12日生まれ

 

社会人1年目

就職先では「読書の大切さ」や「何のために生きているのか」など

社員教育の徹底により、若くして多くを学ぶ機会に恵まれる


環境に恵まれつつ「このままで良いのか?」と引っかかる思いにかられる


就職してから8年が過ぎた頃、自分の人生の転機を迎える

 

大きな目標を立てた妹から刺激を受けると同時に、そのタイミングで

偶然目にしたテレビCMの一言が重たく感じ、衝撃を受ける

 

「失敗した時の後悔より、やらなかった後悔の方が大きい」

 

上記の言葉が行動を「ゼロからイチへ」と動かす
初めて「年齢なんて関係ない」と思えた瞬間であった

 

夢は勝手に叶う、と考えていたが「歌手になることはもうない。」
とも思い初めていた頃「後悔」の言葉 は重く圧し掛かり

「歌を歌いたい」という無視してきた気持ちに照明が当たる

 

チャンスは自分で作り、活かすものだと初めて気が付く

 

「1から10へのステップより 0から1へのステップの方が難しい」

 

社長に教えていただいた言葉が毎日の同じような日常に終止符を打たせた

学びの言葉が深く心に染み渡る日々へと変化。

 

9年間お世話になった職場を離れ、アーティストとしての道を歩む決意。


運良くひとつずつオーディションをクリアする。
およそ1年で映画の主題歌を歌うことが叶う。


目標達成後、潔く辞退

 

その後、イラストレーターやフォトショップに触れ機会を活かし独学で勉強。
DTPデザイン制作の仕事を受ける。

 

これをきっかけにカラーや言葉は、人の心を動かすと学ぶ。

 

更に、インターネットを通じ、世界中の恵まれない子供たちを改めて知ることとなる。

 

子育てをする中、子供がいじめを受ける。

なぜそうなるのか?などを深く考えるようになる。

また、最適な対処方法を模索し、幸いにして子供の「学校好き」が卒業まで続く。

 

別の機会では、自分と子供の親子関係において面白い発見をする。

同時期、周囲からは人間関係における色々な相談を受ける。

 

これらの経験と相談を受けながらも、どうにも出来ないはがゆさはセラピストとしての道を作っていった。

 

「臨床心理士」

子育て中に大学に通い始めることは、時間・お金、なかなか難しい選択肢。

思い悩んだ時「ヒプノセラピー」と出会う。


学べば学ぶほどヒプノセラピーが自分の探し求めていたものと合致。

「人生やり直せる」素晴らしさを一人でも多くの悩める方々と共有していきたいと、現在も邁進中。

私はあるきっかけにより、自分の人生の道を丸っきり変えることができました。

自分を好きになり、自信をつけ、受け入れることや
良い意味での諦めを獲得しました。

 

セラピーを知る前、変わることが出来ると知り、
セラピーを知ってから、理由がわかりました。

 

それは不思議と自分の周囲までもが変化し続けていきます。

 

また身体的なことで言えば、幼い頃から30年近く
患っていた重度の偏頭痛が良くなりました。

別の言い方をすると、向き合い方を学び、習得しました。
「もうろう」とするほど即効性のある「強い薬」を
常備していました。

薬が残りの一粒になると、いつ頭痛になるだろう・・・。
という不安感さえあったのに、今では薬いらずです!
最高です。身体が喜んでいます。^^

また、3年目に入っていた原因不明のつらい首痛も、
消えてしまいました。

セラピストとしての資格取得は、私の中で大きな意味を
持っています。


最初は人のためにと思っていたものが、自分のあらゆる面に変化が起きました。


それは自分のために学んだのではないか?と思うほどです。

でもやっぱり本来の目的、みんなでそうなりたい気持ちがまだここに存在しています。
自分だけでは勿体無い、のです。

 

亡くなった叔父が私の笑顔を大勢の前で褒め、そしてそれを大切にするよう言いました。

私のコンプレックスだった「笑顔」をまるで美しい花のように表現したのです。

私にとって笑顔は、何より特別なこととなりました。

 

だから世界中が笑顔になることを目標とし、この小さな場所から少しずつでも

変わることができるなら、やり続けて行くことに意味が有ると信じています。

 

子供も大人も心豊かに、夢を持って意欲的にあなたらしい毎日を送れるよう願っています。